プラステンアップを中学生が飲んでも意味がない?

プラステンアップは中学生・高校生向けの成長飲料として販売されていますが、飲んでも全く何も実感できなかった中学生がいるのもまた事実です。

その原因を調べてみたところ、驚きの結果が得られました。

・成長期がまだ来ていなかった(男子だと高校から始まる場合も)
・成長期が既に終わっていた(女子だと12歳までに終わることも)
・早朝から部活、深夜まで勉強、夜更かしなどで睡眠時間が短い
・朝食を食べない、お菓子が食事代わりなどの食生活の乱れ
・無理なダイエットによる栄養バランスの崩れ
・強いストレスを日常的に受けている
・負荷の大きなスポーツを続けていて筋肉や骨が傷んでいる

プラステンアップ 何歳から飲めばいいのかという以外にも数多くの問題がありますね。

成長に必要な栄養はプラステンアップで補給できるから、後は好きなものだけを食べればいいとか、太りたくないから食事はプラステンアップだけ飲んで終わりといった食生活を続けていると、顎を使わなくなり唾液の分泌も減るために口の中が乾きやすくなって口臭が目立つようになったり、歯並びが悪くなるなどの弊害が出てきます。

胃腸の働きも悪くなることから、便秘が起こりやすくなったり、免疫力の低下も引き起こします。

また、体育系の部活だと、日々の練習内容が厳しい上に、練習時間は早朝から深夜まで続き、週末も練習や試合という具合に休んでいる暇がないところも少なくありません。

疲労した筋肉や関節、骨格などが回復する時間もなく酷使され続けることになるため、成長するどころかスポーツ障害を起こす結果になります。

指導者の教育方針や上下関係などで、日常的に精神的なストレスを強く感じる環境にさらされると、成長ホルモンの分泌量が減る傾向があります。

将来の人生目標や、中学や高校の教育方針などにもよりますので、いきなり全てを変えることは不可能ですが、できる範囲から生活習慣を改善していくといいでしょう。

プラステンアップで伸びない結果にならないためには?

先程のケースを見てもわかるように、プラステンアップさえ飲めば、それ以外は何をしてもいいわけではありません。

他にも注意しておくべきポイントは数多く存在します。

1.病気でないかどうかの確認

成長ホルモン分泌不全低身長症やターナー症候群、思春期早発症などで、成長ホルモンが十分に分泌されない状況だと、成長に必要な栄養素を十分に補給していても意味がありません。

医療機関によっては、中学生までが小児科での診察となりますが、内科・内分泌内科や産婦人科(ターナー症候群)で診察を受けるといいでしょう。

2.しっかりとした運動

激しい運動を長時間にわたって行っていると、スポーツ障害の影響で成長に悪影響が出る場合もありますし、かといって、全く運動せずにゴロゴロしているのも体の成長には良くありません。

運動によって脳が刺激されますし、成長ホルモンが分泌されやすくなる上に、カロリーが消費されることで食欲が増したり、疲労を感じて睡眠の質が高まるなどのメリットがありますので、運動不足にならないようにする必要があります。

3.少食・絶食・過食を避ける

栄養バランスの取れた食事が必要なことは指摘するまでもありませんが、プラステンアップで栄養補給ができるから他には何も食べなくてもいいとか、お菓子など好きなものだけを腹いっぱい食べればいいというのも間違いです。

カロリーの取りすぎは肥満の原因ですし、太りすぎると逆に成長を妨害することになりかねません。

プラステンアップを続けても栄養バランスが崩れますので、水泳などのカロリー消費の大きいスポーツに取り組んでいなければ、平均程度に摂取カロリーを抑えておいたほうが無難です。

逆に摂取カロリーが少なすぎるのも問題です。

口の中の唾液から始まり、胃腸へと続く消化機能が低下するために免疫力も低下してしまい、体調不良が起こりやすくなるからです。

1回の食事で、主食・副食・デザートなどを含めて、最低でも5品は食べるようにしましょう。

4.ゴールデンタイムよりも睡眠時間を確保

午後10時から午前2時までの間は、成長を促す睡眠時間帯として「ゴールデンタイム」と呼ばれています。

このため、遅くとも22時までには就寝したほうがいいと言われていますが、学校で授業を終えて、部活に取り組んだり、学習塾で授業を受けて、帰宅したら22時を超えているケースは決して珍しくありません。

帰宅してから、学校や塾の宿題を終わらせたり、プライベートタイムを楽しんでいると、あっという間に午前0時を過ぎるのではないでしょうか。

これでは睡眠不足になるのも当然ですから、ゴールデンタイムよりも睡眠時間を確保するように心がける必要があります。

プラステンアップを安く購入するには?

プラステンアップは、お店では売られていないサプリメントです。

amazonや楽天などでも販売されており、価格は日によって上下していますが、amazonだと定価の半額近くで売られていることもあるため、魅力的に感じるのではないでしょうか。

また、ヤフオクやメルカリなどでは更に安い値段で出品されている場合もありますが、新品・未使用品だったとしても、賞味期限切れや偽物などの中身に問題があった場合や、摂取後に健康被害が出た場合など、基本的にはメーカーの責任は負えません。

その理由は出品者に責任があるからですが、一個人ができることは限られていますので、結局は泣き寝入りするしかないケースが大半です。

そこで、メーカー直販の定期購入がオトクで安心です。

初回は約80%OFFの1,980円、2回目以降は約45%OFFの5,480円(いずれも税込み、送料不要)です。

定期購入はいつでも解約できますし、専用のWebフォームに必要事項を記入して送信するだけで手続きが完了しますので手間がかかりません。

>>定期購入でプラステンアップを試してみる

セロトニンのサプリメントで脳をリラックス

気持ちが不安定になっている人は、セロトニンのサプリメントを使うことで落ち着けることがあります。セロトニンは、脳の抑鬱感や不安感を調整する作用がある成分で、セロトニンが不足するとふさぎ込みやすくなります。人体に存在しているというセロトニンは、全体の80%が消化管の運動に関わっており、8%が血管の収縮に関わっています。セロトニンは、脳の情報伝達にも関わっています。最後の2%は、ドーパミンや、ノルアドレナリンのように、脳にいます。ノルアドレナリンの分泌量が多くなると、脳は不安や焦燥を感じますが、セロトニンは気持ちを安定させるための成分です。感情にメリハリができ、大きなストレスにさらされても不安や怒りをむき出しにすることはありません。セロトニンは、脳のドーパミンの分泌をセーブする働きがあります。ドーパミンは、過剰に分泌されすぎると、ギャンブルや買い物の依存症を誘発します。セロトニンサプリメントを利用する人の多くは、眠りを深くすることを期待しています。夜、うまく眠れていないという場合は、昼にセロトニンの分泌量を増やすことで、夜の睡眠を司るメラトニンを増やすことができます。トリプトファンは、体内のセロトニンを増やしたい時に摂取するといい栄養素です。必須アミノ酸の1つで、セロトニンの原材料になります。人間の体は、トリプトファンを生成することができないため、トリプトファン自体は食べ物などで体内に取り入れます。精神的なストレスや不眠の悩みがある人は、脳をリラックスさせてくれるセロトニンのサプリメントを利用してみることをおすすめします。

アドレナリンと、ドーパミンと、セロトニンの3つの神経伝達物質は、脳の中で重要な役割を担っています。最近は、セロトニンを補給するための手段として、サプリメントもよく使われています。セロトニンを食品から補給することは困難ですが、サプリメントからなら、確実に補給することが可能になります。脳内で分泌されるセロトニンは、不安感や、恐怖感といった精神的な負荷を、適切に緩和してくれるものです。幸せホルモンとも呼ばれるセロトニンは、気持ちを安定させたり、穏やかな気持ちになることができる物質です。精神面に影響を与えるセロトニンが不足すると、うつ病や不眠症などの症状が起こることがあります。セロトニンは人体でつくる物質であり、食品に含まれているものを体内に取り入れるというものではありません。ただし、食品の中には、セロトニンの生成能力を高めてくれるものがあります。トリプトファンと、ビタミンB6が、セロトニンの生成には必要です。そのため、この2種類の栄養素を含有している食品を食べることで、セロトニンの生成を助けることができるといいます。セロトニンを多くしたい人は、かつお、きなこ、高野豆腐などを献立に使うようにしましょう。食品で摂取することが大変なら、サプリメントを飲む習慣をつけることで、セロトニン不足が解消できます。気軽にセロトニンの分泌を促す成分を摂取することができるので、食事内容の見直しが難しい人でも利用することが可能です。

お役立ちコラム