• HOME

更年期の定番サプリメント

更年期障害の対策には、様々なサプリメントが使用されています。更年期障害に対して効果が高いと言われているサプリメントは、プラセンタのサプリメントや、ローヤルゼリーのサプリメントです。更年期障害の要因の一つに、女性ホルモンの減少があります。女性ホルモンに似ている成分を摂取して、症状を軽くします。ローヤルゼリーやプラセンタは、更年期の症状に対して高い効果を発揮するといいます。若いころは順調に分泌されていた女性ホルモンが減少したことが原因で、いらつきやほてり、うつの症状などが、更年期になると出るようになります。ローヤルゼリーやプラセンタといった成分には、女性ホルモンと似たような作用があるため、サプリメントで補うことで症状の改善が期待出来る訳です。更年期障害の対策に用いられる定番の成分としては、大豆に含まれるイソフラボンなども挙げられます。大豆イソフラボンが、体内で女性ホルモンと近い効果を持っていることは、医療の視点からも確認されていることだといいます。イソフラボンを摂取することで、女性ホルモンの欠乏分が補填できます。体に影響を及ぼす女性ホルモンの量は多すぎるといいことがないと言われていますが、イソフラボンの場合は、量の調節が比較的容易にできるものです。サプリメントの効果の現れ方には個人差がありますので、一概にどうであるとは言い切れません。ですので、まずは少量ずつ試してみるなどの方法で慎重に、サプリメントを利用していくことが推奨されます。

更年期の女性向けのサプリメントはいろいろな種類があり、数多くの商品が販売されています。多種多様な栄養素が更年期障害の緩和によいとされていますが、定番商品としては、大豆イソフラボンサプリメントがあります。インターネットの口コミサイトでも、大豆イソフラボンのサプリメントを摂取したところ、メンタルが安定したとか、生理不順がおさまったいう喜び声があがっています。プエラリアのサプリメントは、イソフラボンが含有されていることから、多くの人が利用しています。更年期とは、おおよそ45歳から55歳くらいの10年間で、閉経前後のことです。更年期障害が起きるのは、体内の女性ホルモンが減ることが関係しています。自律神経が乱れて、体のほてりやのぼせの他、冷えなどの症状があらわれる場合があります。更年期の不調を解消するためには、エクササイズなどで体を動かして代謝を良くすることが必要です。心をゆったりと保ち、イライラや抑圧を感じすぎないように心がけることも、更年期障害を軽くすることができます。この他、更年期障害に効果の高いサプリメントとしては、プラセンタサプリメントがあります。女性ホルモンに作用するというローヤルゼリーのサプリメントを使っているという人もいます。女性ホルモンと似通った成分を補給するため、ザクロサプリメントを使うという人もいます。体の冷えを解消して血液の循環を良くする漢方薬を配合したサプリメントもあります。

関連記事

お役立ちコラム