• HOME

目の健康とサプリメントの効果

様々なサプリメントが販売されていますが、中でも人気がある商品として目に効果があるブルーベリーのサプリメントがあります。ブルーベリー以外に、目の健康にいいと言われている食材としては、ヤツメウナギやメグスリの木があります。サプリメントとして商品化され販売されています。昔から果物として食べられていたブルーベリーは、薬のような過剰摂取の害や副作用のリスクはなく、安心して利用することができるでしょう。目の疲れや肩こりといった症状には、ブルーベリーの栄養素で解消効果がもたらされることがあるようです。外が暗くなってから車を運転する時に、目が良く見えないという人にはブルーベリーがおすすめです。アントシアニンという栄養素が、ブルーベリーが目の疲れからの回復に効果があると言われる根拠となっています。ブルーベリーのサプリメントを飲むようになってから、前よりも物が見やすくなったという話もよく聞きます。ただし、確かにブルーベリーには目にいい成分が含有されていますが、サプリメントで近視の治療ができるということはないようです。確かにサプリメントはさまざまな有効成分が濃縮されています。生のブルーベリーを摂取するよりはサプリメントを使った方がアントシアニンの摂取量は増えやすいですが、アントシアニンの効果は目の症状改善に留まります。サプリメントで目が良くなるというよりは目の疲れを回復する効果や眼精疲労から来るさまざまな不快な症状を和らげるといった効果を期待して利用した方が無難だとも言えます。

ブルーベリーのサプリメントにはアントシアニンと呼ばれる成分が入っています。アントシアニンの効果は、目の疲れ取ると言われており、サプリメントとしても利用されています。人間の目とはどのような状態になっているかを知ることで、疲れ目への対策が立てられます。網膜には外部からの光を感じ取るロドプシンという物質があります。目を酷使して疲れを感じるとロドプシンの数が少なくなり、光に対する反応が鈍くなります。ロドブシンが減って感度が下がったために、目がかすんだり、焦点が合わなくなったりといった現象を引き起こします。ブルーベリーから摂取できるアントシアニンは、ロドブシンを再合成する作用があります。食べ物からアントシアニンを摂取すると、眼精疲労に効果があるといいます。けれども、食事でブルーベリーを食べる機会は多くありませんし、摂取量もどうしても少なくなりがちです。アントシアニンの補給を継続的に行うためには、サプリメントを使う方法が合理的でしょう。ブルーベリーに存在するアントシアニンは、目の疲れ以外の症状にも役立ちます。白内障のような目のトラブルを改善する作用や、視界を拡張する作用がアントシアニンにはあるといいます。ブルーベリーのサプリメントは、目の健康改善のために使っている人が大勢いるといいます。

関連記事

お役立ちコラム